現場ブログ

免震装置

2017年12月11日

 免震装置の据付が完了しました。新庁舎では、働きの異なる4種類の免震装置を建物の地下部分にバランスよく配置し、地震の揺れを最小限に食い止め、地震発生時に災害対応の拠点としての機能を最大限に発揮できるよう計画されています。

 免震装置とは、建物と基礎の間にゴムやダンパーを挟み、地震の揺れに合わせてゴムが変形し ダンパーが揺れを小さくしていくことによって、建物に直接的な揺れを伝えないようにする仕組みのことです。

 今後は、この免震装置の上部に鉄骨を組んでいき、いよいよ1階部分の床工事に入っていきます。