現場ブログ

現場発泡ウレタン

2018年06月25日

 建物の断熱性能を確保するために、当現場では現場発泡ウレタンの吹付工事を行っています。

 現場発泡ウレタンとは、2種類の液体を混ぜて壁や天井などに吹き付けることにより、空気中で発泡し、断熱性能のあるウレタンフォームが硬化する工法です。

 設計の際に必要な断熱性能を計算しており、新庁舎では硬化後の厚みが25㎜となるように施工しています。